アイルドの保育

アイルドの保育

保育の特色

アイルド①園外保育を通し、自然の中で元気に遊びます
②園の畑で季節の野菜作りや収穫の体験をします
③幼児教室(年少児以上)を行い、幅広い興味のきっかけを作り、
 1つの事に集中して取り組む力を養います

保育目標

心身ともに健康で、友達と元気に遊べる子ども
自分で考え、行動できる子ども
豊かな感性と表現力を持った子ども
思いやりの気持ちを持てる子ども

保育方針

アイルド園外保育を通して四季折々の自然に触れながら、発見、体験をし、
豊かな心と体を育てていきます。
健康と安全を第一に、伸び伸びと元気に遊べる保育環境を整えます。
一人ひとりの個性や成長の過程を大切にし、その子に応じた援助をします。
保護者との連携を深めながら、多様な保育サービスに努めます。
縦割り保育により、異年齢児との関わりを持ち、思いやりの心を育てます。
人との関わりの中で、協調性、道徳性を養います。

登降園について

保育時間は月~土 7:00~18:00
延長保育は平日18:00すぎ~19:00
保育短時間は8:30〜16:30
※登園は9:00までにお願いします。
※遅刻・欠席の連絡は8:00~9:00の間にお願いします。

土曜保育について

ご両親共に勤務のある方のみ受け付け致します。前月25日頃までに所定の用紙にてお申込み下さい。

送迎について

家庭環境調査票にて送迎者として届出されている方以外のお迎えはできません。
お迎えが予定時間より遅くなるときには、必ず電話連絡をおねがいします。

給食について

レシピ集

2017年

● ラタトゥイユ

※いつものカレーに夏野菜をプラスして野菜たっぷりカレーはいかがですか?
材料(幼児4食分) 調味料
トマト 160g ケチャップ 12g
玉葱 60g 0.4g
なす 60g    
ピーマン 20g    
エリンギ 40g    
黄パプリカ 20g    
ズッキーニ 60g    
ベーコン 20g    

全ての具材を一口大に切ります。
鍋にベーコン、玉葱の順で炒め、玉葱がしんなりしたら、他の具材を入れて炒めていきます。
全ての野菜に火が通ったら、ケチャップと塩で味を調え完成です。
★これから旬のトマトを生で使うことで甘みもプラスできると思います。

 

● 夏野菜カレー

※いつものカレーに夏野菜をプラスして野菜たっぷりカレーはいかがですか?
材料(幼児4食分) 夏野菜
豚肉/じゃがいも/玉葱/人参  なす/南瓜/ ピーマン/ズッキーニ
赤パプリカ

★普段食べる事の少ない野菜や、苦手な野菜もカレーの中に入れることで食べやすくなります。

 

● 冬瓜と豚肉煮

材料(幼児4食分) 調味料
冬瓜 240g  みそ 12g
豚肉  160g  砂糖 8g
人参  60g  しょうゆ 2.4g
こんにゃく  80g  みりん 2.4g
生姜  0.8g  和風だし 0.8g

<作り方>

  1. 冬瓜は厚めに皮をむき、一口大に切ります。沸騰したお湯に5分下茹でし、ザルにあげておきます。
    鍋に肉と生姜を入れて火を通していきます。ある程度火が通ったら人参、冬瓜を入れます。
    人参に火が通ったら、こんにゃくと調味料を入れて煮込んで完成です。

 

● しらすコロッケ

※今回の作り方は、保育園で出している揚げない方法の作り方をご紹介いたします。
材料(幼児4食分) 調味料
じゃがいも 240g  あおのり 0.8g
豚挽肉  20g     
シラス  40g     
玉葱  40g     
人参  20g     

<作り方>

  1. まず初めに揚げたようにするためにパン粉に少量の油をかけオーブンで焼きパン粉を作っていきます。こんがり色がついたら準備OKです。
  2. その後は、普通に衣をつける要領で工程を進めていきます。
  3. 焼きパン粉の衣をつけたら、最後にオーブンで、90℃・10分程度焼いて完成です。
  4. 油を少量しか使っていないので、離乳の後期、完了期からでも安心して食べれます。

 

● 魚の南蛮漬け

※魚は、から揚げに合う魚であればなんでも結構です。
材料(幼児4食分) 調味料
玉葱 80g 8g
人参 40g しょう油 4g
ピーマン 12g 砂糖 8g
    20g

<作り方>

  1. 魚は、酒としょう油で下味をつけた後、小麦粉と片栗粉で揚げます。
  2. 南蛮漬けの具材は、細く切った後柔らかくなる程度まで茹でていきます。
  3. 柔らかくなったら、水気を切り配合しておいた調味液を加えてひと煮たちする程度まで火にかけ具材は完成です。
  4. 揚げておいた魚と合わせて完成です。

 

● ポークチャップ

材料(幼児4食分) 調味料
豚肉 160g ケチャップ 40g
玉葱 80g 0.4g
にんにく 1.2g 小麦粉 12g
ピーマン 20g 2g
えのき 40g    

<作り方>

  1. 鍋に油を熱した後、にんにくを入れ玉葱がしんなりするまで炒めていきます。
  2. 玉葱がしんなりしたら、豚肉を炒め、火が通ったらピーマンとえのきも炒めていきます。
  3. 全ての食材に火が通ったら、小麦粉をふりかけ焦げないように粉っぽさがなくなる程度まで炒めていきます。
  4. 炒め終わったら、塩とケチャップを入れて味を調えて完成です。

 

2016年

● お餅つき

お餅つき(鶏肉を使ったしょう油仕立ての汁)
鶏肉 豆腐
こんにゃく 大根
人参 里芋
長ネギ  

年末の餅つきは、鏡餅の準備と縁起物として食べる餅の2つの意味があります。
お正月に食べる餅は普段食べないものを食べることで、気持ちを切り替えるという意味があり、お雑煮に入れて食べる餅は、お備えした野菜や餅を一つの鍋で煮て食べるという昔からの大切な儀式だそうです。
今回保育園で行う餅つきでは、鶏肉を使ったしょう油仕立ての汁を提供します。
※保育園の餅つきは、2月の予定です。

 

● お好み焼き

お好み焼き
材料(幼児4食分) 調味料
小麦粉 120g ソース 10g
1個 マヨネーズ 16g
大和芋 40g 削り節 少々
ベーキングパウダー 少々 青のり 少々
キャベツ 40g    
ピーマン 12g    
桜エビ 8g    
シラス 12g    
保育園ではこの食材で作りました。お好み焼きなので具材はおうちにあるもので作ってもらって結構です。
普段とりにくい野菜を沢山入れられてなおかつ腹持ちも栄養もgoodなおやつです。
保育園で出した時は、全クラスよく食べてくれました。
ピーマンも入っていたのですが、気にせずみんな食べてました。

 

● 自家製ゼリー

カルピスゼリー
カルピス
寒天
<作り方>
鍋に水、寒天をいれ火にかける。
沸騰1分くらいしたら火からおろし
砂糖とジュースを入れ、粗熱をとったら冷蔵庫で冷やす。
オレンジゼリー (寒天)
オレンジジュース 400ml
ゼラチン 5g
ふやかすようお湯(80℃) 50cc
砂糖 大さじ3
<作り方>
ゼラチンはお湯でふやかしておく。
ジュースを火にかけ砂糖を溶かす。砂糖が溶けたら、ゼラチンを入れさらによくとかす。とけたら火からおろし粗熱をとったら冷蔵庫で冷やす。

 保育園では、ゼラチンと寒天を混合で作るのですが、どちらかがあればお好みのゼリーが作れるので、別々で紹介いたしました。

 

● グリンピースご飯

材料(幼児4食分) 調味料
お米 120g 12g
胚芽米 30g 1.2g
生グリンピース g    
<作り方>
旬の食材を使った炊き込みご飯です。生のグリンピースを使うことで炊きあがったときの香りがよいです。
保育園で出した時は、小さいクラスに人気がありました。

 

● 春巻きの皮でピザ風スティック

材料(幼児4食分)
玉葱 ベーコン
マッシュルーム缶 ピザソース
ピーマン 春巻きの皮
<作り方>
具材はピザソースで煮込みます。煮込んだ具材とチーズを春巻きの皮でスティック状に巻き焼きます。

 

● 金平チーズご飯

材料 調味料
お米 400g しょうゆ 5g
ごぼう 40g 少々
人参 40g みりん 5g
いりごま 少々 少々
チーズ 50g    
<作り方>
普通に炊いたご飯に、別で作っておいた金平といりごま、チーズを混ぜて完成です。
ここで紹介した材料と味付けは今回保育園で提供した味です。ご家庭で作った金平を使ってもらっても構わないと思います。

●マカロニ安倍川

材料
マカロニ 70g
砂糖 16g
きな粉 24g
<作り方>
マカロニをたっぷりのお湯で茹でます。茹で終わったマカロニは、水で洗って水気をよく切ります。
配合しておいたきな粉を絡めたら完成です。
ポイント:水気を切ってきな粉と絡めても時間がたつときな粉がしっとりしてしまうので、食べる直前にもう一度きな粉をかけて食べるとおいしくいただけます。

●しらすトースト

材料
8枚切り食パン 3枚分
しらす 40g
マヨネーズ 20g
パルメザンチーズ 4g
<作り方>
しらすにマヨネーズとパルメザンチーズを加えて混ぜます。
混ざったものを食パンにぬって、トースターで焼き色がつくまで焼いたら完成です。

●米粉のクリームシチュー

材料(幼児4食分) 調味料
豚肉 160g 米粉 40
じゃがいも 320g 豆乳 160
玉ねぎ 240g 牛乳 160
人参 120g 2
えのき 80g コンソメ 8
グリンピース 40g プロセスチーズ 24
    サラダ油 大さじ2
<作り方>
1.米粉に豆乳と牛乳を加えてよく混ぜておきます。
2.厚手の鍋に油を熱し、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。
3.玉ねぎがしんなりし始めたら、豚肉、じゃがいも、人参、えのきを加えて炒めます。
4.豚肉に火が通ったら、水を加えて煮込みます。
5.煮立ったら、コンソメ、塩、で味をつけ、グリンピースを加えた後10分ほど煮込んでいきます。
6.米粉をといた調味液を少しづつ煮立った鍋に加えとろみをつけます。
7.最後にチーズを加え味を調えたら完成です。

●コーンスープ

材料
クリームコーン缶 240g
玉ねぎ 120g
牛乳 200cc
豆乳 20cc
コンソメ 8g
<作り方>
1.玉ねぎをみじん切りにして、油を敷いた鍋でよく炒めます。(よく炒めたほうが甘さがでて食べやすくなります。)
2.玉ねぎがしんなりしてきたら、クリームコーンを加えてさらに炒めます。
3.クリームコーンがふつふつしはじめたら、牛乳と豆乳を加えて煮立たせていきます。(豆乳を加えると炒めるときに焦げやすくなるので注意してください。)
4.煮立ってきたら、コンソメを加えて完成です。

●かるかん

材料(幼児4食分)
上新粉 160g
ベイキングパウダー 4g
やまといも 80g
砂糖 80g
牛乳 120g
茹であずき 40g
<作り方>
1.上新粉、ベイキングパウダー、砂糖を混ぜ合わせた中に牛乳を加えてよく混ぜます。
2.牛乳を入れて粉っぽさがなくなったら、やまといもを加えてさらに混ぜます。(やまといもを加えた状態でぼそぼそとして混ぜにくいようだったら、牛乳を少し加えて混ぜやすくしても大丈夫です。)
3.2の中に、茹で小豆を加えてさらに混ぜます。
4.生地を容器に入れて蒸し器で20分程度蒸して完成です。(容器はカップケーキを作るようなもので大丈夫です。)

●五平餅

材料(幼児4食分)
1合
砂糖 3g
すりごま 3g
みそ 13g
みりん 13g
<作り方>
1.かために炊いたご飯を木べらなどで潰し、食べやすい大きさに分けていきます。(園では棒などは使わず、丸い形にしました。)
2.調味したゴマ味噌を塗って、オーブンで焼き色がつく程度まで焼いたら完成です。
〈補足)
★ 残ったご飯でも出来ます。残りご飯を使う場合には、片栗粉を少し加えると調理しやすいです。
★ 焼かなくてもゴマみそだれをつけるだけでも食べれます。焼かずに提供したという保育園もあったそうなのですが、子供たちはよく食べたそうです。
★ ゴマみそのたれは白玉団子につけても合います。白玉団子というと、きな粉やみたらしなどが定番ですが、ゴマみそをつけて食べてもおいしいです。

 

過去の給食


レッスンについて

幼児クラス(3歳以上クラス)では、学習・表現・体操・ダンスのレッスンを行います。幅広い興味のきっかけを作り、1つのことに集中して取り組む力を養っていきたいと考えております。

レッスンについて

【ダンス】

表現する喜びを味わいながら、想像力を育て、身体で表現する力を身につけていきます。
音楽に触れあい心と身体のバランスを整えていきます。
 <内容> ・リトミック・季節の曲にあわせたダンス・リズム遊び

【体操】

体力の向上、身体を動かすことは楽しいと感じながら筋力・バランス感覚を高めていきます。
目標達成に向かってできることから少しずつ力をつけていきます。
 <内容> ・マット・とび箱・鉄棒・なわとび

【表現】

様々な素材(絵の具・クレヨンなど)や道具に触れ、体感したり
季節の工作・絵画を通して興味や柔軟な思考力を育みます。
 <内容> ・テーマ画・自由画・季節、行事の製作・おもちゃづくり

【学習】

ことばに対する興味を広げ、もじやかずに親しんでいきます。
年齢や個々に応じたもじ(ひらがなの読み書き)、かず(合成と分解)の基礎力を育んでいき、聞きとる力、集中力をつけていきます。
 <内容> ・かるたあそび・もじ、すうじを使ったカードあそび・ワーク

 

TOPへ